スーパーセット法

スーパーセット法は、拮抗する2種類の筋肉の種目を連続で行い1セットとする筋トレ法です。拮抗する筋肉を連続で鍛えることで、それぞれの種目を単独で行うよりも高い効果を得ることが出来ます。

スポンサーリンク

スーパーセット法とは

スーパーセット法では、拮抗筋を連続で鍛えて1セットとします。拮抗筋とは、「上腕二頭筋と上腕三頭筋」のように「対になる筋肉」のことです。他にも「大胸筋と広背筋」、「大腿四頭筋とハムストリングス」などが拮抗筋です。

具体的な手順は以下の通りです。

手順

例:腕のトレーニング

  1. バーベルカールを10RMで行う
  2. 休憩を挟まず連続でトライセプスエクステンションを10RMで行う
  3. インターバルを1分挟んで、再びバーベルカールに戻る

この場合だとバーベルカールとトライセプスエクステンションの2種目を連続で行い1セットとします。これを通常のトレーニングと同じようにインターバルを挟んで複数セット行います。

スーパーセット法の長所

通常よりも筋力を発揮しやすくなる

筋肉の発揮する力は、通常拮抗筋により抑えられています。スーパーセット法では拮抗筋が疲労した状態で種目を行うことが出来るので、拮抗筋による抑制が弱まり通常よりも筋力を発揮しやすくなります。

これにより使用重量、挙上回数が伸び、筋肉の更なる成長が期待できます。

短時間で効率よく筋肉を疲労させられる

コンパウンドセットでは2種目の間に休憩を挟まないので、トレーニング時間を短縮することができます。忙しくてトレーニングの時間があまり取れないという方におすすめです。

スーパーセット法の短所

大きい筋肉ではやりづらい

種目間の休憩がないので、大きい筋肉でスーパーセット行うと体力的にかなりきつくなってしまいます。そのため体力の消費が少ない腕のみスーパーセットで行う人が多いのが実際のところです。

細かな分割がしづらくなる

スパーセット法では対になる筋肉を一度に鍛えるので、細かく鍛える部位を分割している人には不向きです。逆に一度に全身を鍛えているような人には効果的と言えます。

まとめ

このように、スーパーセット法は拮抗する筋肉を連続で鍛えることで、それぞれの種目を単独で行うよりも高い効果を得ることが出来ます。

複数の器具を同時に使うことになるので、人の多いジムなどではやりづらいかも知れませんが、もしスーパーセット法を行える環境にあるのなら取り入れてみると良いでしょう。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする