レッグレイズ

レッグレイズは腹直筋の下部を鍛える種目です。シットアップやクランチが腹直筋上部への刺激が大きい種目なのに対して、レッグレイズは腹直筋の下部を鍛えることが出来ます。

スポンサーリンク

レッグレイズのやり方

対象筋:腹直筋(下部)、腸腰筋

(1)準備

仰向けに寝転がり、頭の上に掴むめる物があればそれを掴み、なければ「気を付け」の姿勢で地面に手を付きます。そして脚を真上に伸ばします。

(2)脚を下ろす

脚を伸ばしたまま、足が地面に着くスレスレまでゆっくりと下ろしていきます。

このとき腰が反らないようにしっかり腹筋に力を入れておきましょう。

(3)脚を上げる

脚を再び真上に向かって上げていきます。

しかし上げ過ぎると腰が痛くなる場合があるので、そのときは腰が痛まない角度までで構いません。

レッグレイズのポイント

腰を反らせない

脚を下ろす際腰が反ってしまうと、腰を痛めてしまう上に腹筋から負荷が逃げてしまいます。腰が反らないように動作中は常に腹筋に力をいれておきましょう。

脚を伸ばした方が刺激が大きい

動作中出来るだけ脚を伸ばした方が腹直筋への刺激は大きくなります。

腰が痛い場合は膝を曲げ、可動域を狭める

脚を真上まで持って行こうとすると腰が痛む場合があります。そのときは膝を少し曲げ、可動域を狭くして動作を行いましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする