ディップス

ディップスは自重のみで大胸筋下部と上腕三頭筋を強烈に刺激できる種目です。しかしかなりの筋力が要求されるため、初心者には行うのが難しい上級者向けのトレーニングです。

スポンサーリンク

ディップスのやり方

対象筋:大胸筋(下部)、上腕三頭筋、三角筋(前部)

(1)準備

ディップススタンドのグリップを握り、腕を伸ばして身体を浮かせます。

このとき上体を前傾させると大胸筋下部に、起こすと上腕三頭筋に強く効きます。

(2)身体を沈める

上体を前傾させたまま、身体を真下に落としていきます。

可動域の限界(肘の角度が90度以下になるぐらい)まで下げましょう。

(3)身体を上げる

上体を前傾させたまま、肘を伸ばし身体を上げていきます。

腕を伸ばし切ると負荷が抜けてしまうので、トップポジションでは腕を伸ばし切らないように注意します。

ディップスのポイント

前傾させると大胸筋下部に効く

前傾させると大胸筋下部に、上体を立てると上腕三頭筋に強く効きます。

初心者や体重が重い人は他の種目で筋力を鍛えよう

ディップスやチンニングのように自重がフルにかかる種目は、筋力の弱い初心者や体重の重い人には動作を行うのが難しいです。ベンチプレスやリバースプッシュアップ等、他の種目でも大胸筋下部や上腕三頭筋は鍛えられるので問題ありません。

上級者は加重して行う

10回以上余裕で出来てしまうような筋トレ上級者は、ディッピングベルトを使って加重しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする