カーフレイズ

カーフレイズはふくらはぎの筋肉を鍛える種目です。

片足で行ったり、マシンやバーベルを使ったりと、様々な方法で負荷を掛けることが出来ます。

ふくらはぎは他の種目ではほとんど刺激されないので、このカーフレイズで個別に鍛える必要があります。

スポンサーリンク

カーフレイズのやり方

対象筋:下腿三頭筋

冒頭でも述べたとおりカーフレイズには様々な負荷のかけ方がありますが、ここでは両足で行うバーベルカーフレイズについて説明します。

(1)準備

つま先のみを台に乗せて肩にバーベルを担ぎます。

床からかかとを上げるだけでもよいですが、つま先を台に乗せた方が可動域が広くなりより効果的です。

(2)身体を持ち上げる

バランスを崩さないように注意しながら、つま先の力で身体を持ち上げます。

足を出来る限り伸ばし、しっかりとふくらはぎの筋肉を収縮させます。

(3)身体を下ろす

逆の動作でゆっくり身体を下ろします。

カーフレイズのポイント

片足で行うのも効果的

片足ずつ行うことで、負荷を大きくする方法もあります。その際は軸足から遠い方の手を壁に付いて身体を支え、更なる負荷が欲しい場合は空いてる方の手でダンベルを持ちます。

つま先の向きで効果が変わる

つま先を内側に向けると下腿三頭筋の外側に、つま先を外側に向けると下腿三頭筋の内側に効きます。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする