レッグプレス

レッグプレスは、腰や背中に負担を掛けることなく太ももや尻を鍛えることが出来る種目です。腰を痛めていてスクワットが出来ないときなどは、このレッグプレスで脚を鍛えるとよいでしょう。

また、スクワットの後の追い込み種目としても使えます。

スポンサーリンク

レッグプレスのやり方

対象筋:大腿四頭筋、ハムストリングス、大殿筋

(1)準備

まずはマシンのシートに座り、台に足を乗せた時に曲げた膝が90°弱になるようシートの位置を調節します。

調節出来たら足を台の上に置き、肩幅程度に開きます。

このとき足を置く位置をやや高めにすることで、膝への負担を軽減できます。

シート横にあるグリップを握り、背中は軽く反らしてアーチを作ったら準備完了です。

(2)脚を伸ばす

脚を伸ばしていきます。

脚を伸ばしきると負荷が逃げてしまうので、脚は伸ばし切らないようにしましょう。

(3)脚を曲げる

ゆっくり脚を曲げていきます。

膝を90°より曲げ ると膝を痛めやすくなるので、曲げすぎないように注意します。

レッグプレスのポイント

スタンスで効果が変わる

スタンスを狭くすると大腿四頭筋に、スタンスを広くすると大殿筋や内転筋への刺激が強くなります。

腰や背中に負担が掛からない

腰や背中に負担が掛からないので、初心者でも安全に脚を鍛えることが出来ます。

またバーベルスクワットは腰や背中が痛くて出来ないという人も、レッグプレスなら可能です。

膝の角度に注意
トップポジションでは膝は伸ばしきらず、ボトムポジションでは膝は90°より深く曲げないように注意しましょう

どちらも膝を痛める原因になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする