サイドベント

サイドベントは脇腹の筋肉である腹斜筋を鍛える種目です。

腹筋のトレーニングではシックスパックを作ろうと腹直筋にばかり目が行きがちですが、引き締まった逆三角形の体を作るためにはこの腹斜筋の発達が欠かせません。しっかり鍛えましょう。

スポンサーリンク

サイドベントのやり方

対象筋:腹斜筋、腹直筋

(1)準備

片手でダンベル(プレートでもよい)を持って肩幅に立ち、もう片方の手は腰もしくは頭の後ろに当てます。

(2)上体を傾ける

上体を横(ダンベルを持った手の方)へ傾けていき、腹斜筋を限界近くまでストレッチさせます。

腰から下は出来る限り固定して、上体だけを横に傾けるようにしましょう。

(3)上体を起こす

腹斜筋を収縮させて、傾けた上体を起こしていきます。

直立よりも少し逆側まで傾けて、腹斜筋を意識的にギュッと収縮させるとより効きます。

片側で1セット終わったら、一連の動作を逆側でも行いましょう。

サイドベントのポイント

腹斜筋にピンポイントで効く

サイドベントは他の種目ではなかなか鍛えることが出来ない腹斜筋をピンポイントで鍛えることが出来ます。

腰から下を出来る限り固定する

上体を傾ける際、腰を逆側に突き出すようにして曲げてしまうと、腹斜筋から負荷が逃げてしまいます。腰から下は出来るだけ固定するようにしましょう。

握力が足りない場合はリストストラップを使う

リストストラップを用いることで、握力が尽きることなく腹直筋を追い込むことが出来ます。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする