トライセプスエクステンション

トライセプスエクステンションは上腕三頭筋を鍛える種目です。アイソレーション種目なので、上腕三頭筋の追い込み種目として適しています。

スポンサーリンク

トライセプスエクステンションのやり方

対象筋:上腕三頭筋、前腕屈筋群

(1)準備

ベンチ台に仰向けに寝て両足を地面につき、肩幅よりやや狭めにバーベルを握り腕を伸ばします。

ストレートバーだと手首が痛む場合があるため、EZバーを用いるのが一般的です。

(2)バーベルを下ろす

肘の位置を変えずに、バーベルの軌道が弧を描くように額に向かってバーベルを下ろしていきます。

このとき肘が開くと上腕三頭筋から負荷が逃げてしまうので注意すること。

(3)バーベルを持ち上げる

下ろすときと同じ軌道でスタートポジションまでバーベルを持ち上げます。

トップポジションでは上腕三頭筋をしっかりと収縮させましょう。

トライセプスエクステンションのポイント

EZバーを用いる

EZバーを用いることで動作中に肘が開きにくくなる上、手首の負担も軽減されます。EZバーを使える環境であればそちらを用いましょう。ストレートバーしかない場合は動作中に肘が開かないように注意し、手首が痛むときは重量を落としてレップ数を増やすことで対処しましょう。

肘の位置を固定する
肘の位置が前後左右に動くと、上腕三頭筋から負荷が逃げてしまいます。肘が開かないようにしっかり固定しましょう。

上腕三頭筋の追い込みとして適している
アイソレーション種目なので、上腕三頭筋の追い込み種目として適しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする