バーベルランジ

バーベルランジは大腿四頭筋・大殿筋をはじめ、ハムストリングスも刺激出来る種目です。スクワットではあまり使われない部位も刺激されるので、スクワットの後に行うと効果的です。

また、スポーツ選手に有効なトレーニングでもあります。

スポンサーリンク

バーベルランジのやり方

対象筋:大腿四頭筋大殿筋、ハムストリングス

(1)準備

僧帽筋の上あたりにバーベルを担ぎ、肩幅より狭く立ちます。

胸を張り、背筋を伸ばします。

(2)足を踏み出す

片足を大きく前に踏み出し、前足に体重を乗せて膝を90度ぐらいまで曲げます。

このときも背筋は伸ばし、上体は地面と垂直に保ちます。

(3)足を戻す

前足で地面を蹴るようにして元の位置に足を戻します。

今度は逆の足を踏み出して交互に行います。

バーベルランジのポイント

上体は常に地面と垂直に保つ

背筋が丸まったり、上体が前傾しすぎてはいけません。上体は地面と垂直か、わずかに前傾姿勢を保ちましょう。

スポーツ選手に有効である

ほとんどのスポーツではプレー中両足を揃えて踏ん張っている場面よりも、足を前後に開いている場面の方が多いと思います。ランジは前後に足を開いた状態で安定した動作を行う必要があり、実際のスポーツの動きに即しています。そのためスポーツ選手にとって非常に有効なトレーニングになります。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする