ホエイプロテインの製法の違い

ホエイプロテインには、大きく分けて4つの製法があります。ここでは、それぞれの製法の違いについて解説していきましょう。

スポンサーリンク

ホエイプロテインの製法

ホエイプロテインにはWPC、WPI、CFM、WPHの4種類の製法があります。それぞれの特徴について見ていきましょう。

WPC製法


WPCとは、「ホエイプロテインコンセントレート(Whey Protein Concentrate)」の略で、日本語に訳すと「濃縮乳清タンパク質」という意味になります。原料となる乳清(ホエイ)に、圧力をかけて濾過することで、タンパク質の割合を高めていく製法です。

一般に販売されているホエイプロテインはWPC製法のものが多く、安価なプロテインのほとんどがこのWPC製法で作られています。

WPC製法のメリットとしては、吸収の速いホエイペプチドやカルシウム、ビタミンなどの成分を残せることです。また、コストの安い製法なので、プロテインの価格も安くなります。

デメリットとしては、タンパク質含有率が最大で85%程度と低いことと、乳糖が残ってしまうことです。乳糖不耐症の人はWPC製法のホエイプロテインを飲むとお腹を壊してしまう可能性があるので注意が必要です。

WPI製法


WPIとは、「ホエイプロテインアイソレート(Whey Protein Isolate)」の略で、日本語に訳すと「分離乳清タンパク質」という意味になります。イオン交換法と呼ばれる技術が使われ、WPC製法で作られたホエイをイオン交換することで純度を高めます。

メリットとしては非常に高い純度のプロテインを作ることが可能で、最大で95%程度までタンパク質割合を高めることができます。また、乳糖もほぼ完全に除去できるため、乳糖不耐症の人でもお腹を壊さずに飲むことができます。

デメリットとしては、精製過程でホエイペプチド、ビタミン、ミネラルなどが失われてしまうことです。

CFM製法


CFMとは、「クロスフロー精密濾過(Closs Flow Microfiltration)」の略で、比較的新しい製法です。WPC製法で作られたホエイをセラミックフィルターなどの膜で処理することで純度を高めます。

CFM製法はイオン交換法の弱点を補うべく開発された手法で、純度は高く保ちつつ(80~95%程度)、ホエイペプチドやビタミン、ミネラルなどの栄養素を多く残すことができます。

デメリットとしては、ややイオン交換法に比べるとやや乳糖が多く残ってしまうこと、そして価格が高いことが挙げられます。

WPH製法


WPHは、「Whey Protein Hydrolyzed」の略で、日本語に訳すと「加水分解乳清タンパク質」という意味になります。「加水分解ホエイ」や「ホエイペプチド」という呼び方が一般的でしょう。

WPH製法はその名の通り、タンパク質を一度抽出してから加水分解する製法です。この処理によりタンパク質は分解され、ペプチドと呼ばれるアミノ酸が2,3個くっついただけの小さな分子になります。

ペプチドは既に体内で消化されたのと同じ状態になっているため、通常のホエイタンパクに比べ非常に吸収が速いのが特徴です。また、タンパク質含有率も高く、純度95%以上のものを作ることも可能です。

デメリットとしては価格が高いことと、商品のラインナップが少ないことでしょう。

結局どのタイプを飲めばいいの?

4種類もあると迷ってしまいそうですが、基本的にはコストパフォーマンスの良いWPC製法のプロテインを選んでおけば間違いないと思います。

プロテインを飲む上で一番良くないのは、「値段が高くてもったいないから量を飲めない」というパターンです。筋肉の成長にはタンパク質摂取量を増やすことが一番大事なので、お金を気にせずガブガブ飲める安いプロテインを買いましょう。

ただし、乳糖不耐症でWPCだとお腹を壊してしまう人は、乳糖の少ないWPIかCFMを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする