チンニングスタンドの選び方


チンニングとは懸垂のことで、広背筋のトレーニングには欠かすことの出来ない種目です。

そのチンニングを自宅で行うことを可能にするのがチンニングスタンドなのですが、チンニングスタンドと一口に行っても、一万円以下のぶら下がり健康器から3万円以上する本格的なチン&ディップスタンドまで様々な商品があります。

ここでは失敗しないための選び方と、おすすめのチンニングスタンドについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

チンニングスタンドの種類

チンニングスタンドには、安価で小さ目のタイプと高価で大きめのタイプがあります。どちらのタイプも現在はディップスも出来るチン&ディップススタンドが主流です。

安価で小さ目のタイプ

このタイプは1畳分のスペースがあれば設置できる小さ目の作りになっています。奥行が短い分安定感はやや悪く、多少のグラつきがあります。耐荷重は90kg以下。価格帯は低めで、大体1万円強であることが多いです。

高価で大き目のタイプ

このタイプはややサイズが大きく、設置には1.5~2畳分ぐらいのスペースが必要ですが、安定感は抜群です。耐荷重は100~200kg。価格帯はやや高めで、2万円前後であることが多いです。

どちらのタイプを選ぶべきか

もし自宅に2畳以上の広いスペースがあるなら、やや値は張りますが断然大きめのタイプがオススメです。こちらタイプは安定感がありグラつかないため、負荷を逃がすことなく動作を行えるからです。
特にこちらの商品は全ての種目を片側でこなせるようになっているため、壁に近づけて設置出来るのでオススメです。

逆に下の画像のようなディップススタンドが外側に付いているタイプは壁際に設置するとディップスが出来なくなるので、見た目よりスペースを取ってしまいます。

部屋が狭い場合は・・・

2畳未満のスペースしかない場合は小さ目のタイプを選択することになりますが、こちらの商品は比較的ブレが小さいと評判なのでオススメです。

まとめ

結局は部屋の広さと予算に応じて選ぶことになりますが、できれば安定感のある大き目のタイプを選びたいところです。

その際はディップス用のアタッチメントが壁側についているファイティングロードのようなタイプは無駄にスペースを取るので避けた方が良いでしょう。

部屋が狭くて小さめのタイプしか置けない場合は、比較的ブレが少ないと評判のALINCOのものを選ぶと良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする